疲労の原因と対策【5選】

結論ですが、
疲労の原因には「過度な運動」「睡眠不足」「栄養不足」「ストレス」「病気」があります。

この記事は「疲労を回復させたい」ヒトに向けて書いています。
自身の健康への疑問・悩み・不安などが解決できればと思っています。
この記事を読むことで「疲労の原因と対策」についてわかります。

毎日の疲れをなんとかしたいです!?

このような意見にお答えします。

忙しい日々の中、常に疲れた状態でいる人も多いかと思います。
デスクワークが中心で、肩のコリがひどかったり。
目の疲れ、腰が痛かったり、何かと不調を抱えている人も少なくないです。

うまく疲労回復ができずに、慢性的に疲労を抱えていては、日々の仕事のパフォーマンスを落としてしまいますし、家事・育児・介護など日常の生活にも影響を与えます。

今回は、「疲労の原因と対策」について5つに絞って説明していきます。

この記事のまとめ

疲労の原因と対策1:過度な運動

「過度な運動」によって、肉体が疲労します。

運動のしすぎによって筋肉など肉体を使いすぎてしまって、肉体が疲労してしまうのです。
使いすぎた肉体をしっかりと休めるようにしましょう。
肉体を休めるポイントですが、ずっと安静にしていると、逆に筋肉はかたくなり、血流が不十分になります。
そこで「アクティブレスト」(積極的休養)と呼ばれている方法をとるのが良いでしょう。これは、疲労しているときに、あえて体を軽く動かすことによって休養するという考えです。
軽く体を動かすことで、血流が改善します。すると、血流に乗って「酸素」や「栄養」を全身に届けてくれるのです。また、血流が改善すると、疲労物質も効果的に排出されて、疲労回復の効果が得られます。

つまり、「過度な運動」で疲労しているときこそ、「軽い運動」を取り入れることで疲労回復を促しましょう。

疲労の原因と対策2:睡眠不足

睡眠が不足すると、疲労が蓄積します。

「睡眠」には、疲労を回復させる効果があります。
睡眠のリズムの中で、深い睡眠である「ノンレム睡眠」において、成長ホルモンの分泌が促されます。すると、体の代謝が促進されて、体内の「修復」や「回復」などが促されます。さらに、睡眠によって脳が休まり、自律神経のバランスが整います。

他にも、睡眠には、「一日のリズムの形成」「記憶の定着」「ストレス軽減」「メンタルの安定」「生活習慣病の予防」「免疫力アップ」などの健康効果があります。

つまり、「睡眠不足」のときには、睡眠する時間を確保して疲労回復を促しましょう。

疲労の原因と対策3:栄養不足

栄養が不足すると、疲労が蓄積します。

運動などによって消費されたエネルギーや栄養は補わなければなりません。せっかく血液の流れが良くても、そこに「栄養」がないと、十分な疲労回復効果は見込めません。
とくに、「ビタミンB1」「ビタミンB2」「ビタミンC」「カルシウム」「マグネシウム」「アミノ酸」「クエン酸」「炭水化物」「鉄分」「タウリン」などの栄養素は、疲労回復に効果的です。

つまり、「栄養不足」で疲労しているときには、栄養をしっかりととって疲労回復を促しましょう。

疲労の原因と対策4:ストレス

「ストレス」がたまると、疲労が蓄積します。

ストレスは万病の元です。ストレスによって、「虚血性心疾患」「メタボリックシンドローム」「うつ病」などのリスクが増加します。
さらに、「頭痛」「めまい」「胃痛」「下痢」「便秘」などの不調、「喘息」「アトピー性皮膚炎」「高血圧」「胃・十二指腸潰瘍」などの病気につながります。

「自分が楽しいと思えることを行う」「ストレッチをする」「マッサージを受ける」「呼吸を整える」「アロマなどで良いにおいを嗅ぐ」など「リラックス」する時間をもつようにしましょう。

つまり、「リラックス」することで、ストレスをうまく対処することで、疲労回復が促されるのです。

疲労の原因と対策5:病気

「病気」にかかると、体への負担がかかり「疲労感」が現れます。

たとえば、「感染症」では、病原体を退治するために、体が免疫応答したりと、意識していなくても体は働きます。すると、「発熱」などの症状が出たり「疲労感」が現れます。
「悪性腫瘍」(がん)をわずらうと、がん細胞を排除しようと体が働き、「感染症」と同じように「発熱」などの症状が出たり「疲労感」が現れます。
また、「貧血」では、体のすみずみまで酸素が十分に運ばれず、すぐに息切れを起こしたり、疲れやすくなります。さらに、「筋肉・神経疾患」では、体をおもうように動かすことが出来ず、疲労感を感じます。

つまり、「感染症」や「悪性腫瘍」「貧血」「筋肉・神経疾患」の病気にかかると、免疫応答・酸素供給が不十分・身体機能の低下などから疲労感が現れるのです。
反対に、慢性的な疲労感で悩まされている場合は、これらの病気が隠れている可能性があります。かかりつけ医を受診して、疲労の原因がないか相談するようにしましょう。

まとめ

今回は、「疲労の原因と対策」について説明しました。

忙しい現代人、日々の仕事や家事・子育てなどで疲労がたまっている人は多いです。
疲れのせいで体調を崩してしまうことも…

日頃から自分の体と向き合い、自分の疲労具合を把握するようにしましょう。
そして、「過度な運動」「睡眠不足」「栄養不足」「ストレス」「病気」などの原因がないか確認して、うまく疲労を対処しましょう。

疲労がうまく回復すると、仕事のパフォーマンスが上がり、毎日が充実した時間をすごせるはずです。

この記事によって「疲労の原因と対策」についての理解が深まり、一人でも多くの人が健康的に日々の生活を送ることが出来ることを願っています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です