ヘルスケアってなんですか?【女性のヘルスケア】

結論ですが

ヘルスケアとは、健康を管理するということです。

この記事は「健康について考えたい人」に向けて書いています。
健康に過ごしたい女性のさまざまな疑問・不安・悩みなどが解決できればと思っています。
この記事を読むことで「ヘルスケア」についてわかります。

突然ですがヘルスケアとは何でしょうか?

よく耳にする言葉だと思います。
しかし、その中身を理解している人は少ないように思います。

ヘルスケアとは、健康を管理するということです。心身にまつわる疾患を予防することによって、より健康に過ごすことを目的としています。

では「健康」とはなんでしょうか?

深く考えていくと意外と難しいです。
「健康」という言葉を耳にしたり、使ったりすることがあると思いますが、あらためて「健康ってなにか」といわれるとよくわからなくなってしまいます。

  • 健康は良いこと
  • 年を重ねてもいつまでも健康でいたい
  • 病気にならないで健康でいたい
  • 毎日が健康でいきいきとしていたい
  • あの人は健康的でいいね

など「健康」という言葉にはポジティブな印象があるかとおもいます。

これからは人生100年時代です。
長い人生をよりよく過ごすために「健康」について知ることが大切です。

今回の記事では「ヘルスケア」について説明していきたいとおもいます。

この記事のまとめ

  • ヘルスケアとは「健康」を管理するということです。
  • 健康になるためには「健康増進」と「疾病予防」という2つの視点が大切です。
  • 思春期は「からだ」と「こころ」の変化から、さまざまな悩みが生まれます。
  • 性成熟期は一人の人間として自立を目指す時期であり、妊娠出産を見据えてさまざまな悩みが生まれます。
  • 更年期には「からだの不調」や「環境の変化」などから様々な悩みが起こります。
  • 老年期には「女性ホルモンの低下」や「身体機能の低下」などから様々な悩みが起こります。

ヘルスケアとはなんですか?

ヘルスケアとは「健康」を管理するということです。
では健康とは何なのか?
健康とは何かというと実はかなり難しいです。
さまざまな定義がありますが、WHOでは、健康とは「身体的・精神的および霊的(spiritual)・社会的に完全で良い状態にあることであり、単に疾病または虚弱ではないということではない」と定義されています。
なんだか難しいですが、簡単にいうと、健康とは「病気がなく社会生活を問題なく営んでいる状態のこと」と理解できるでしょう。

健康になるために何をすればいいのか?

健康に過ごすために「健康増進」と「疾病予防」という2つの視点が大切です。

健康増進

健康増進とは、健康を増進させて「生活の質」(QOL)や「健康寿命」などを高めていくことです。とくに、「運動」「食生活」「睡眠」「心身の体調管理」などが当てはまります。
昔からよくいわれるように「適度な運動習慣」「栄養バランスのとれた食生活」「十分な睡眠」「規則正しい生活」などは健康に過ごすために大切なのです。

疾病予防

「疾病予防」(しっぺいよぼう)は、健康を阻害する可能性のある疾病を予防するという考えです。
疾病の発症自体を防ぐ「1次予防」、疾病の重症化を防ぐ「2次予防」、疾病による後遺症を防ぐ「3次予防」に分けられています。
とくに「メタボリックシンドローム」「ロコモティブシンドローム」「認知機能障害」という健康を阻害する3大因子があり、これらを予防することが大切になります。
また、ライフステージによって女性特有の「健康を阻害する可能性のあるもの」(健康上の問題)が知られていますので、順にみていきましょう。

女性のライフステージとヘルスケア

女性のライフステージは、おおまかに「思春期」「性成熟期」「更年期」「老年期」に分かれています。また生まれてから学童期にかけての「小児期」、こどもを妊娠した場合には「妊娠出産期」などもあります。
それぞれのライフステージによって、起こりやすい悩みや、陥りやすい健康上の問題が知られています。順にみていきましょう。

思春期

思春期は「からだ」と「こころ」の変化から、さまざまな悩みが生まれます。
思春期は、「小学生高学年あたりから高校生くらいの時期」をさします。この時期に「第二次性徴」という大人の「からだ」に変化していきます。そして「こころ」にも大きな変化が起こります。

思春期の悩みには、「二次性徴の悩み」「体格の悩み」「生理の悩み」「性交渉の悩み」「薬物の悩み」などがあります。

思春期によくある5つの悩み【ヘルスケア】

性成熟期

性成熟期は、一人の人間として自立を目指す時期であり、子どもを産むことを現実的に考える時期でもあります。
性成熟期は「おおよそ18歳から20歳以上から45歳までの時期」さします。
性成熟期には、「妊娠への備え」や「家族計画」「ライフプラン」「キャリアプラン」などから様々な悩みが起こります。

性成熟期の悩みには、「妊娠への備えの悩み」「家族計画の悩み」「性感染症の悩み」「がん検診の悩み」「嗜好品の悩み」などがあります。

性成熟期によくある5つの悩み【ヘルスケア】

更年期

更年期には、「からだの不調」や「環境の変化」などから様々な悩みが起こります。
日本人の「閉経」の年齢は、平均で50歳であり、「閉経」の前後約5年間を「更年期」とよばれています。
更年期には、女性ホルモンである「エストロゲン」が低下することで、多彩な「更年期症状」がおこります。また、「更年期」の時期にはさまざまな「環境の変化」も原因で体調をくずしやすいです。

更年期の悩みには、「更年期障害の悩み」「健康への悩み」「仕事の悩み」「家庭の悩み」「嗜好品の悩み」などがあります。

更年期によくある5つの悩み【ヘルスケア】

老年期

老年期には、女性ホルモンが分泌されなかったり、からだの機能の低下などから様々な悩みが起こります。
女性ホルモンの分泌がされなくなると、さまざまな体への影響がおこり、さまざまな病気につながります。また、加齢にともない身体機能が低下していくため、様々な悩みが起こります。

老年期の悩みには、「おしっこの悩み」「骨盤臓器脱の悩み」「性交渉の悩み」「ロコモの悩み」「認知機能の悩み」などがあります。

老年期によくある5つの悩み【ヘルスケア】

まとめ

  • ヘルスケアとは「健康」を管理するということです。
  • 健康になるためには「健康増進」と「疾病予防」という2つの視点が大切です。
  • 思春期は「からだ」と「こころ」の変化から、さまざまな悩みが生まれます。
  • 性成熟期は一人の人間として自立を目指す時期であり、妊娠出産を見据えてさまざまな悩みが生まれます。
  • 更年期には「からだの不調」や「環境の変化」などから様々な悩みが起こります。
  • 老年期には「女性ホルモンの低下」や「身体機能の低下」などから様々な悩みが起こります。


なかなか、症状がなく、困っていないときに、健康に対して意識を向くのは難しいかと思います。
しかし、病気になってから、はじめて健康の大切さを知ることが多いのです。
症状がないときにこそ、しっかりと自分のからだと向き合うことが大切です。

また、ライフステージに応じて、起こりやすい悩みや、陥りやすい健康上の問題が知られています。
しっかりと把握しておくことで、健康上の問題を解決することや、その状態とうまく付き合っていくことが出来るのです。

この記事によって「ヘルスケア」の理解が深まり、健康で笑顔で過ごせるひとが一人でも多くなることを願っています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です